過払い金を請求できる権利は、永遠には続かない。

過去の借入金について、過払金の請求をしたいとお考えの方、
過去借入があったからといって、無条件にが過払金の請求ができるわけではありません。

過払金の請求は、請求できる期間というものが明確に定められています。
その期間を一日でも過ぎた場合は、
過払金の請求はできなくなってしまうのです。

過払金の請求は、法律(民法)上の「不当利得返還請求権」という債権に該当します。
そのため、過払金を請求する場合、この「債権」についての消滅時効というものが適用されます。
法律上、債権の消滅時効は10年です。
そのため、この10年の期間内に過払金の請求をしなかった場合は、
過払金の権利そのものがなくってしまうのです。

では、この10年と言う期間は、いつから計算するのでしょうか?

昔は、この10年の起算点が、どの時点かということで
議論があり、裁判でも争われていました。
しかし、今では裁判所の判断により、10年の時効のスタートは、
取引が完了した日からであるとされています。

そのため、最初の借入日から10年以上たっていたとしても、
最終の取引日から10年が経過していなければ、
まだまだ過払金の請求は可能と言うことになります。

«
 

トラックバックURL