なぜ過払金なるものが発生するのでしょうか?

過払い金問題が発生した原因は、この日本に借金に関する利息を定めた法律が2種類あるからです。つまり2つの法律が過払金発生に大きく関係しています。
利息制限法は、被害者の救済を目的としており、出資法は、違反者に罰金や懲役等の刑罰を課すことを目的としています。そのため、一口に上限金利といっても、その金利が2つの法律で違いがあります。
利息制限法では、利息の上限を下記のように取り決めています。
・10万円未満の場合、年20%
・10万円以上100万円未満で年18%
・100万円以上なら年15%
一方で、出資法では、刑事罰の対象となる上限金利を29.2%と定めています。
つまり、利息制限法を超えた利息を設定しても、出資法の上限金利を越えなければ、刑事罰は科せられないということです。これが、グレーゾーン金利の正体で、これを取り戻すのが過払金請求です。
多くの貸金業者は、刑罰のない出資法の上限に利息を設定し、莫大な利益を上げてきました。
しかも、その本来受け取れない利息は、返還の請求を受けない限り、返還を強制されません。
知らないことで損をする借主が続出し、多重債務に陥る人を数多く生み出してしまいました。
それを受け、2006年12月臨時国会で「グレーゾーン金利」が廃止されることが決定しました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む