債務整理と主婦の審査

さらに収入のない専業主婦は、原則的に消費者金融や
クレジットカードのキャッシングを利用することができなくなる・・・ということも言われています。

収入が安定していない人、無い人(専業主婦など)が
お金を借りるためには、配偶者の収入証明書のほか、
同意書、住民票などの夫婦関係証明書が必要になります。

この際、借り入れ可能な上限額は、夫婦あわせて年収の
3分の1とされますので夫に内緒で借りたいという人は
なかなか借りることが難しくなりました。
とはいえ、方法によっては専業主婦も借りることは可能です。

過払い金はあなたのもともとあったお金です。

法的に支払う必要がないにも関わらず、お金を
借りた人が貸金業者に支払いすぎたお金のことです。

一般的な消費者金融や信販会社のキャッシングを
利用している方の殆どが、貸金業者に言われるが
ままに利息を支払って過払いに陥っているのが実情です。

貸金業者からお金を借りている期間が7年以上で、
その金利が20%を超える方は、貸金業者に対してお金を
払いすぎている可能性が非常に高いので今すぐ
チェックしてみましょう。 引き直しは専門家に頼めば
きちんとやってくれますし、履歴が容易にチェックできれば
ご自身でもおこなうことができます。

今、現在、貸金業者への返済が既に終わっている方も、
貸金業者から5年以上お金を借りて、過払いの有無を
確認してみることをオススメします。 さかのぼって請求
できる場合もあるからです。

過払い金を全額返還できない業者が急増しています。
過払い金の請求を検討している方はできるだけ早く
過払い金の請求手続きを始めること。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む