過払い金返還請求の訴状を作成しよう!

訴状や証書類は、郵送でも宅配便でも提出可能です。
記入漏れや部数の間違いがないか、確認してください。

印紙の金額は引き直し計算書の残金元金の最終
金額により価格が決まってきます。
郵便局や裁判所の売店で購入することが可能です。

訴訟額が100万円までなら1万円
200万までなら1万5千円という風になっていますので
印紙税法をみて確認しましょう。

必要な切手や印紙の総額は
裁判所により異なりますので、事前に提出する
民事受付係に確認するといいと思います。

準備した書類を裁判所へ提出します。

訴状・請求書・取引経過・引き直し計算書は、
原本をコピーして全3部準備します。

そのうち2部を正本・副本として裁判所に提出します。
1部は控えです。

また、裁判所に提出する訴状には、印鑑を捺印します。
(名前の横)

※印鑑は、シャチハタ不可。認印で可。

※できれば、欄外に捨印を押しておきましょう。
書類に不備があった場合に、裁判所へ出向いて訂正することなく、
受付係官の手で捨印処理訂正できる場合があります。

さらに、印紙と切手を準備し、提出します。
(印紙は、裁判所に提出する訴状の1部に貼り付けておいても可)

訴状提出は、裁判所へ直接持参するか郵送するかを選択できます。

しかし、余程慣れた人でない限り持参することをお薦めします。
持参すればその場で書類の書式チェックをしてもらえるので、
ある程度はその場で修正ができます。

また、切手の購入も裁判所にある売店で買えば、
訴状に必要な切手をセット売りをしているので便利です。
(もちろん収入印紙も買えます)

●訴状審査

裁判所へ提出した書類は、裁判部にまわされ、
チェックを受けます。ここで不備があれば、
呼び出しを受けて訂正をすることになります。
(この場合は、訴状に捺印した印鑑を持って裁判所へ出向く)

この審査に通ると事件番号が付けられ、裁判の第一回期日が
決められます。

(参考 :訴訟印紙代)

10万円まで 1000円    320万円まで 21000円
20万円まで 2000円    340万円まで 22000円
30万円まで 3000円    360万円まで 23000円
40万円まで 4000円    380万円まで 24000円
50万円まで 5000円    400万円まで 25000円
60万円まで 6000円    420万円まで 26000円
70万円まで 7000円    440万円まで 27000円
80万円まで 8000円    460万円まで 28000円
90万円まで 9000円    480万円まで 29000円
100万円まで 10000円  500万円まで 30000円
120万円まで 11000円  550万円まで 32000円
140万円まで 12000円  600万円まで 34000円
160万円まで 13000円  650万円まで 36000円
180万円まで 14000円  700万円まで 38000円
200万円まで 15000円  750万円まで 40000円
220万円まで 16000円  800万円まで 42000円
240万円まで 17000円  850万円まで 44000円
260万円まで 18000円  900万円まで 46000円
280万円まで 19000円  950万円まで 48000円
300万円まで 20000円  1000万円まで 50000円

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む