過払い金請求を行うとブラックリストはどうなる!?

それでは、ブラックリストに載るとどんなことが起こり、

あなたにとってデメリットが起きてしまうのか考えていきましょう。

ブラックリストとは先に述べたように全国信用情報センター連合会、CIC,

CCB,全国銀行個人情報センターなどに情報が開示されるリストのことです。

元もとの意味は、警戒を要する対象の一覧表のことですが、金融においては

融業界では信用情報機関を通じて業者同士で事故情報

(異動情報、借金の返済における事故)を共有することによって、

借金申込者の事故情報の有無を確認をできるようになっています。

申込者に借金を延滞したなどの事故情報がある場合、

通常の金融機関では資金を貸出しづらくなるという

スパイラルが出てくることによって、借りてにとっては

イメージが「もう何もできないようになる」と思われています。

しかし実際のところ、金融業者が自社会員以外の

ブラックリスト(融資不適格者リスト)を作成しているわけではないのです。

いかにもブラックリストというと、罪深い罪人的なイメージがあり

消費者金融からの「ブラックリストに載る」という脅しにあうと

びくびくしてしまうこともあるかもしれませんが、

実はそんなにおびえるようなデメリットは、存在しないといったほうが

正しいと言って良いと思います。

たとえばあなたが、サラ金との間に事故が起こりブラックリストに

載ったとしても、ハッキリ申し上げて「大したことはない」のです。

犯罪者や前科者のように社会的な制裁を受けて、あなたの人生に

不利益になるようなことが起きることは一切ありません。

しかし、事故情報の有無が確認されて新たな貸出を拒否となった場合、借金申込者から見れば自分がブラックリスト(融資不適格者リスト)

に掲載されてしまったという印象を与えて「一環の終わり」という

イメージからこの言葉が一人歩きをしてしまっているような印象を受けます。

逆に「ブラックリストに載るぞ」と言われ、それに載ってしまっては

人生が終わるようなイメージを抱き、それを避けるべく家族や

友達、親戚などからお金を借りまくって無理な返済を毎月続けている

人もいるようですが、そんなことはする必要のないことです。

また、脅しにひっかからないようにやめなくてはいけません。

はっきりいえば「ブラックリストに載ることを怖がる必要などない。」

ということを申し上げておきたいのです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む