過払い金の請求の手引き!

あなたが、もしご自身の消費者金融への支払いに
「払いすぎたお金」があったとしたら、まず相手には
「過払い金返還請求書」を文書で送りましょう。

郵送で送るには、配達証明などにして控えが残るように
いつ送ったのか明確にしておきます。
それから、ファックスの場合は原本に送信日時を
書いておきます。

いずれにしても、この日にこうやって送ったということが
一目瞭然になるようにしておきましょう。

送り先についてですが、消費者金融によっては
払いすぎた額については各支店対応ではなく、
一括して管理部門が扱っているということもあります。

担当の窓口が解らない時には
本店と支店の両方に請求書を送っておきましょう。

請求書の金額は法定金利によって引直計算の結果の
金額になりますが、払いすぎた額には利息をつけて
請求することができますので、利息をつけて計算しましょう。

ここに返還金請求通知書の文例をのせておきますので参考に
使ってみてください。

タイトル:過払い金返還請求通知書

私 (生年月日   年  月  日)は御社との
継続的金銭消費者貸借契約について以下の通り通知し、
請求いたします。

まずは御社におかれましては、取引履歴のご開示、ご確認に
ご協力いただけますようお願いたします。

さて、私と御社の継続的金銭消費者貸借契約につきましては
その取引履歴を利息制限法の定める法定金利に従い、
元利計算させていただきますと、すでに金●●●万●●円の
過払いになっております。(過払利息5%含む)

よって上記、過払い金についての返還を請求いたします。

本書到着後14日以内に上記金額を下記口座までお支払いください。

万一、お支払いなき場合は、民事訴訟にて請求いたします。

なお民事訴訟において請求することとなった場合には、
上記過払い金額に加えて、遅延利息、訴訟費用も含めてご請求を
させていただきますことを念のため申し添えておきます。

御社の申し入れがあれば、以下連絡先までご連絡ください。
以下の連絡先以外でのお申し入れは拒否させていただきます。

携帯電話番号 :

振込口座   :
平成  年  月  日

ただし、請求書を出してもすんなりと「ハイ、お返しします」
ということにはおそらくならないと思います。

無視されることも多いのでそのあとの行動として
電話の交渉になります。

先方の意向としては、とにかく交渉を無視するか
過程を混乱させる以外には考えていないはずです。

請求があってもとりあえず放置するのが常でしょう。
そこで、こちらとしては請求書を送ったら3,4日後に
請求書が届いているかどうかの確認と電話をかけましょう。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む