過払い金を請求できる権利は、永遠には続かない。

過払い金の消滅時効は10年ですが、どの時点から10年たつと過払い金の権利は消滅してしまうのでしょうか?それは、裁判所の判断で、取引の最後ということになっています。

過去の借入金について、過払金の請求をしたいとお考えの方、
過去借入があったからといって、無条件にが過払金の請求ができるわけではありません。
“過払い金を請求できる権利は、永遠には続かない。”の詳細は »

自己破産後の過払金の請求は可能でしょうか?

自己破産後でも過払金の請求は基本的に可能ですが、争点は色々とあるので破産時にはきちんとした調査が肝要です。

可能です!

個人の自己破産の場合は,自己破産時に依頼した弁護士や書類作成司法書士等により過払金を取り戻していなければ,基本的に,過払金の請求は自己破産の手続き終了後にでも可能です。


“自己破産後の過払金の請求は可能でしょうか?”の詳細は »

なぜ過払金なるものが発生するのでしょうか?

過払い金問題が発生した原因は、この日本に借金に関する利息を定めた法律が利息制限法と出資法という2種類あることに原因がある。

過払い金問題が発生した原因は、この日本に借金に関する利息を定めた法律が2種類あるからです。つまり2つの法律が過払金発生に大きく関係しています。
利息制限法は、被害者の救済を目的としており、出資法は、違反者に罰金や懲役等の刑罰を課すことを目的としています。そのため、一口に上限金利といっても、その金利が2つの法律で違いがあります。
利息制限法では、利息の上限を下記のように取り決めています。
“なぜ過払金なるものが発生するのでしょうか?”の詳細は »

債務整理と究極の自己破産

免責許可が決定されて、1週間以内に抗告がされなければ、免責決定が確定しますので、その後は債務の支払義務を 免れることが可能になります。

自己破産とは・・・・
自己破産とは、債務者自身が裁判所に破産申し立てをすることをさします。
“債務整理と究極の自己破産”の詳細は »

債務整理と主婦の審査

法的に支払う必要がないにも関わらず、お金を借りた人が貸金業者に支払いすぎたお金のことです。

さらに収入のない専業主婦は、原則的に消費者金融や
クレジットカードのキャッシングを利用することができなくなる・・・ということも言われています。
“債務整理と主婦の審査”の詳細は »

民事再生と過払い金はこうなっている

民事再生は財産を残したまま(住宅ローンが残っている家も可能)借金を大幅に減らすことができるのがメリットです。

借金を100万円まで減額し、3年で返済する手続きです。

民事再生とは・・・・・
― 裁判所に申し立てをして借金の総額を100万円または5分の1まで減らす。
―その後3年間で返済する
という手続きです。
民事再生は財産を残したまま(住宅ローンが残っている家も可能)借金を大幅に減らすことができるのが
メリットです。
“民事再生と過払い金はこうなっている”の詳細は »

過払い金返還請求の訴状を作成しよう!

過払い金返還請求では、被告となる消費者金融が実在することを証明するためにその消費者金融の代表取締役を確認できる商業登記簿と代表者事項照明を資格証明書として原本を裁判所に提出します

訴状や証書類は、郵送でも宅配便でも提出可能です。
記入漏れや部数の間違いがないか、確認してください。

印紙の金額は引き直し計算書の残金元金の最終
金額により価格が決まってきます。
郵便局や裁判所の売店で購入することが可能です。
“過払い金返還請求の訴状を作成しよう!”の詳細は »

和解したのに過払い金が払ってもらえない!?

和解したのに、支払わない場合は強制執行を検討してみる!?

和解したのに、支払わない場合は強制の差し押さえとなります。
以下は以前大手のローン会社が払いすぎた額について和解をしたにも
かかわらず、返還に応じなかったため差し押さえられたことが
乗っていた新聞記事です。

この会社は現在民事再生法を申請しているとのことです。
“和解したのに過払い金が払ってもらえない!?”の詳細は »

過払い金と消費者金融

消費者金融に、取引経過の開示をただちに請求しましょう。過払い金の計算には必要ですよ

長者番付に消費者金融の社長の名前が
数年掲載されたことは記憶に新しいところです。

消費者金融なのに、株式上場するようなしくみは
どこかおかしいのではないかと思ったことでしょう。

消費者金融勤務の人は、まじめに働いているサラリーマンより
高待遇で、違法な金利を取りながら
年収がまじめに働く人の倍近くということは、世の中
許されない思いもあります。
“過払い金と消費者金融”の詳細は »

過払い金返還でみなし弁済に臆するな!

みなし弁済ならば、その証明をしなければならないのは消費者金融側である。できないならば過払い金を支払いなさいとハッキリといいましょう!

みなし弁済を否定する証明をださなければ
返還に応じないという消費者金融もあり、
借り手が法律を知らないと思われるとこのあたりで
ごまかそうとしたり、言いがかりをつけてきたりする
こともあります。

ですがみなさんにおいては、このような脅しに
乗ることもなく、キチンと順を追って反論することです。

たとえばこんな反論文が来たとしましょう。
“過払い金返還でみなし弁済に臆するな!”の詳細は »

« 過去の記事